バイナリーオプション手法やらの2chまとめなど

バイナリー2ちゃんねる

メンタル編 初心者講座

メンタル崩壊の原因【バイナリーオプション】

更新日:

 

メンタル崩壊から暴走トレードに至る原因

前回は勝ち組への最後の関門がメンタルであると書きました。今回は、そのメンタル問題について詳しく書いてみます。

過去検証やデモトレードで手法の優位性を確かめ、資金管理も考え満を持してリアルトレードを始めたものの、なぜか勝てない。その理由はメンタルにあるかもしれません。

リアルトレードではちょっとしたことでメンタルが崩れ、ルールを無視したクレイジーなトレードをしてしまう、または今がチャンスだとわかっているのにエントリーできないってことがあります。
前回の記事で書いた5つの問題、ポジポジ病・ポジれない病・チキン利食い・チキン損切り・暴走トレードがこれにあたります。言うまでもなく検証段階ではこういうトレードはしてないはずですから、これらはすべてルール違反です。ルール違反をしていれば検証通りの結果にならないのは当然ですよね。

後から振り返るとなんてバカなことを・・・と思うのですが、困ったことにやってる時は真剣そのものなんです。

たとえばポジポジ病を発症している間というのは、まったく根拠もなくトレードしてるわけじゃなく、「その時だけ見えてる」トレード根拠に従ってトレードしてるんですね。ですがその根拠は当然何の検証もしてないので優位性はない場合がほとんどです。当然負けが多くなります。

運が良ければ勝てることもありますが、基本的には勝てません。入れば負け、入らなければ勝ち、と、ただでさえ壊れてるメンタルをさらに痛めつけてくれます。そしてある時急に暴走モードに入り、口座をふっ飛ばします。

これをやらかしているうちは、いくら普段はルール通りにトレードしてコツコツ勝っていても、そのうち全部吐き出してしまうので結局勝つことができません。

なぜこんなことになってしまうのでしょうか。

まず根本的な理由は、「リアルに自分のお金がかかっているから」です。過去検証やデモではどんなに大敗しようと1円も失わないので、1回1回のトレードを冷静に淡々とルールに従って消化していくことができます。

ですが、実際にお金がかかると、デモでは何とも思わなかったようなちょっとした動きにも大きく心が揺さぶられるようになります。デモだったら笑ってスルー出来るようなことにも熱くなります。負ければ大切なお金を失うわけですから当然です。その当然な心の動きが、ルール通りにトレードするという一見カンタンなことを非常に難しくしているのです。

じゃあお金に対する欲をなくせばいいかって言うと、そもそも欲があるからトレードなんかしてるわけで、欲をなくすなんてのは管理人にはムリです。

欲をなくそうとするのではなく、心の揺れを小さくすることが大事じゃないかなと管理人は思います。そのために考えていきたいのが、「本能」と「検証」です。

まずは本能の方から考えていきましょう。

 

トレードと本能

バイナリーオプションに限らず、株でもFXでも、投資で勝っていくためには本能を克服する必要があるとよく言われます。トレードというものは、人間の本能に従ってやっているとボロ負けするようになっているのです。

突然ですが、以下の2つからどちらかを選んでみてください。

① 必ず10万円もらえる
② 50%の確率で20万円もらえるが、50%の確率で1円ももらえない

あなたなら①と②どちらを選ぶでしょうか。管理人なら迷わず①を選びます。この場合、多くの人が①を選ぶそうです。

では逆に、以下の2つから必ずどちらかを選べと言われたらどちらを選ぶでしょうか。

① 必ず10万円を失う
② 50%の確率で20万円失うが、50%の確率で損失はゼロ

この質問をすると、多くの人が②を選びます。管理人も②を選びました。

以上はトレードのメンタルを語る時によく用いられる質問で、「人は利益が得られそうなときはリスクを嫌い、損失を被りそうなときはリスクを好む」という人間の性質をわかりやすく理解できます。なお上の質問はどちらも期待値は同じです。

これがトレードとどう結びつくのでしょうか?株やFXで言うなら、含み益が出ている時はさっさと利確して利益を確保したくなります。逆に含み損を抱えている時は損切りをしたくなくていつまでも塩漬けしてしまいます。
利益を伸ばすことはガマンできず、損失はいくらでも伸ばしちゃうのでいわゆる「利小損大」になってしまい、小さく積み重ねた勝ちを1度の負けですべて吐き出すということになるわけです。うぅ・・・管理人も身に覚えが・・・

ではバイナリーオプションではどうかと言うと、実は同じようなことが起こるのです。バイナリーオプションは最初からリスクが確定しているので、どんなに予想と逆行しても壊滅的なダメージを負うことはありません。どんな失敗トレードでも1敗は1敗。次の1勝で取り戻せます。
というのは本当なんですが、リアルトレードでは実は利小損大をやってしまうことがあります。それは「負けた時」または「負けそうな時」に起こりやすい現象です。

ここだ!とエントリーして巡行すればよしよしと大人しく判定を待ちます。次のトレードも冷静にルール通りトレードできます。

ですが逆行すると、途端にこの逆行ポジをなんとかしたいという衝動に駆られます。逆行ポジを相殺するためのポジ追加、または転売機能を利用しての損切りなんかがこれにあたります。いわゆるポジポジ病・チキン損切りです。
それで勝てればいいですが、検証段階では追加ポジまで考えていませんから、それは立派なルール違反。検証していないトレードをしているのと同じですから、想定される勝率は50%です。勝率50%ということは、期待値マイナスのトレードをしていると言えます。そして負けると、本当なら1敗で済んでいたものが2敗になります。
転売の場合も、おそらく検証はしていないでしょう。わずかな逆行でも転売価格は購入時の半額以下なんてこともザラですから、よほどの達人でないと損切はむしろマイナスに働きやすいです。転売した後に戻ってきて本当なら勝っていたなんてこともよくありますから。

で、さらに悪いことに「クソッ、やっちまった!次で取り戻そう!」そう思って次はいつもより投資額を上げたりします。ですがこれもルール違反。アタマに血が上っている状態では冷静にチャンスを待てず、またまたルール外のトレードをしてさらに損失を膨らませてしまいます。いわゆる暴走トレードです。

勝つときはルール通りに1勝、ですが負けるときはルールを逸脱しやすく、本来1敗で終わっていたはずのポイントで2敗3敗、酷い時には全損なんてこともある。これがバイナリーオプションでの利小損大です。損失が目の前にあるとリスクを好むようになる、まさに本能通りと言えますね。

こういうトレードを繰り返していると、トータル損失が大きくなりすぎて負けを極端に恐れるようになり、エントリーすることすら怖くなります。
負け癖がついてしまい、ルール通りのパターンなのに負けた時の光景がチラついてエントリーできない。エントリーしてもわずかな巡航で転売して薄利で終わらせてしまう。いわゆるポジれない病・チキン利食いですが、これも完全なルール違反のトレードですから、もちろん期待値はマイナスです。

このポジれない病・チキン利食いは人間の損失回避性から来るものです。先ほどの質問と似ていますが、50%の確率で10万円もらえて、50%の確率で10万円を失うクジがあったら、あなたはやりたいでしょうか?この質問には多くの人がNOと答えるそうです。その理由が人間の損失回避性で、同じ10万円であれば、得られるという期待よりも、失うかもしれないという恐怖の方が強く意識されるんです。

ですから、今までの負けが積み重なりすぎると期待値はプラスとわかっていても1回の負けを恐れてエントリーできない。そのまま判定を待てば大概勝てるのに、たまに起こる判定前の逆転を恐れてわずかな利益で転売してしまう。という行動をとっちゃうんですね。

わかっちゃいるんです。ルール通りにやらないといけないことは。でもこれが本能なんです。上に書いたようなメンタルからくるダメダメトレードは、実は本能が原因だったんです。機械の様にルール通りの行動だけできればいいですが、そうはいかないのが人間というものなんですね。

これを理解したからってメンタルが強くなるわけではないですが、誰しもそういうものなんだって思うと少しだけ心が軽くなると思います。

では本能を克服するにはどうしたら良いのでしょうか?その答えは、「検証」にあると思います。これについては次回の記事で書いてきます。ではでは。


-メンタル編, 初心者講座

Copyright© バイナリー2ちゃんねる , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.