バイナリーオプション手法やらの2chまとめなど

バイナリー2ちゃんねる

初心者講座 基礎知識編 業者情報

管理人のオススメ業者【バイナリーオプション】

更新日:

 

業者を見極める重要性

バイナリーオプションに取り組むにあたり、業者選びは非常に重要です。

トレードができて出金もできる。そんなのは当り前の話で、やるからには勝てなければ意味がありません。
継続的に勝つためにはトレード手法の研究も大事ですが、それ以前にユーザーにとって最も有利な業者を選んでおくべきです。同じことをやっても業者によって結果が違ってくるなんてことが本当にありますから、業者選びは本当に慎重に行っていただきたいところです。

もったいぶらずに管理人のオススメ業者を挙げるならば、完全にハイローオーストラリア一択です。他の業者は試す必要もありません。ハイローで勝てないなら他の業者でも勝てません。これは断言できます。

各社のホームページや売り文句を見ると大差ないように感じますが、実際に使ってみるとハイローとその他の差は歴然で、そこには越えられない壁があります。

よく海外バイナリーオプションの業者比較サイトがありますが、あれはそのサイトの管理者が紹介報酬を稼ぎやすいものを上から順に並べているだけですのでデタラメです。気を付けましょう。

では管理人がなぜハイローオーストラリアをオススメするかと言いますと、以下の4つのポイントが他の業者より優れているからです。

  • ペイアウト率
  • 約定力
  • 出金事例
  • 業者自体の安全性

この4つはユーザーが安心してトレードし勝っていくために非常に重要です。それぞれ見ていきます。

 

ペイアウト率

ペイアウト率とは、予想が当たった時に投資額に対して得られる利益率を言います。

payout01

上の画像の場合、1万円投資して予想が当たった場合、投資額の1万円+利益8,500円が得られます。これを「85%」とか「185%」とか「1.85倍」と表記します。表記方法が業者によって違うのでややこしいんですが、まぁ文脈から判断してください。

で、このペイアウト率は業者によって異なります。同じドル円の5分取引でも、A社は75%、B社は82%みたいな。
たとえば1,000円投資で100回取引し、60勝40敗だったとします。A社を利用していた場合、残る利益は5,000円ですが、B社の場合は8,000円残ります。この差を多いと思うかどうかは人それぞれでしょうが、同じ作業で得られる利益が違うんですからペイアウトは高いに越したことはありません。トレード回数を重ねれば重ねるほど、ペイアウト率の差が大きく響いてきますからね。不利な業者を利用しているということは、毎回損しているようなものです。

しかし、人間は愛着を持ってしまうものなので、不利な業者でもなんとなく離れられず不利なペイアウト率のままトレードを重ねてしまうこともあります。これはもったいないですね。
ハイローオーストラリアは15分ハイローで1.85倍、23時間ハイローなら1.9倍です。短時間取引も1.8倍~と業界最高水準です。通貨ペアや時間帯によってペイアウトが変動する業者もありますがハイローはいつでも一定ですので安心してトレードできます。
 

約定力

次に「約定力」です。実はこれが極めて重要なんです。約定とは、注文が確定することです。要は「ここ!」ってクリックしてスタートのレートが決まることを言います。

yakujou01

この約定ですが、実は「ここ!」って押した瞬間に表示されてるレートで約定するとは限らないのです。表示されているレートと実際のレートに若干のズレが生じるのは、どの業者でも日常的に起こる現象です。

これは、マーケットの値動きを業者の取引画面(プラットフォームといいます)に反映するまでにどうしてもわずかなタイムラグが発生するから起こるもので避けられないのです。
値動きが激しい時なんかは一瞬で大きく値が変わるので、なかなか狙ったレートで約定させることは難しくなります。

まぁこのあたりはある程度しかたない部分です。そういうものだと思ってトレードするしかありません。というか動きが激しい時はそうなるのが当り前なので、それがイヤであれば値動きが大人しい時にトレードしましょう。

ただ、そうは言ってもズレることはあります。で、あんまりズレるとストレスたまるので良くないですし勝ちにくくなってしまいます。
この「狙ったレートと近いところで約定する度合い」を「約定力」と管理人は呼んでいます。

管理人がオススメしているハイローオーストラリアと他の業者の決定的な違いは、この約定力と言っても過言ではありません。
バイナリーオプションはちょっとした差で勝敗が決することもあるので、なるべく狙い通りのポイントで約定してほしいのです。

ところが、ハイロー以外の業者は(全部試したわけじゃありませんけど)約定力がゴミです。ズレ方が実際のレートとの誤差とか言えるレベルではありません。

と言うのも、多くの業者は「ここ!」ってクリックしてから数秒後に約定したり「本当にいいですか?」みたいな再確認をしてから約定したりして、その間の最も不利なポイントで約定しやがるのです。

yakujou02
 とある業者の再確認ポップアップ

たった数秒かもしれませんが、バイナリーオプションではその数秒が命取りになることも多いです。
1時間とかの長期ならまだいいですが、短期取引は絶対にムリ。「なんでそんなところで約定するんだよ!」って叫びたくなるトレードが全体の8割を占めますから本当にイライラします。そんな業者を利用するのはお金を捨てているようなもの。

このあたりは実際にトレードをしないとわからないことですし、クソ業者をオススメしているランキングサイトはこのあたりには決して触れませんが、ほとんどの業者がこのクソ約定システムを導入しています。ハイローオーストラリア以外はこれだと思っても差し支えないくらいです。上っ面だけで業者を選ぶのは本当に危険です。ご注意を。
 

出金事例

続いて出金事例ですが、出金できたという報告がしっかりとある業者を選びましょう。いくら勝っても、出金できなければ意味がないです。
まぁ出金トラブルは最近あまり聞きませんが、出金できるかどうかよりも利用者の数の方が重要かもしれません。出金報告が少ないということはつまり利用している人も少ないということになります。利用者が少なければ業者も利益が出ませんから、サービスの改悪や倒産の可能性が高くなるわけです。ですから、出金報告が多いということは重要です。

ただ「業者名+出金」でググると出金方法ばかり出てきて実際の出金事例は検索結果の下の方に追いやられちゃってます。アフィリエイトサイトの強さが光ってますね。

参考までに管理人が実際に出金した様子を記事にしましたのでよろしければどうぞ。こちら

 

業者自体の安全性

海外の業者は当り前ですが拠点が海外にあり、何かトラブルがあれば日本国内の法律などは通用しません。訴訟になったら云々という話もありますが、まぁぶっちゃけ口座にあるお金がきちんと出金できればそれでいいわけで。
ということで問題は業者が倒産したりバックれた場合ですね。お金は戻ってくるのかという話になります。

金融機関が倒産するという事例は日本国内でも起こりうる話で、そうなったら大変なので「信託保全」という制度があります。
顧客の資金を金融機関の運営資金とは別にして管理しておくことで、何かあっても顧客の資金は守られるわけです。この資金の分別管理を自社内ではなく第三者機関に預けておくことでより安全性は高まります。

これは海外業者でも同様で、きちんとユーザーの資金を第三者機関に預けていることはトレーダーの安心感に繋がります。ハイローオーストラリアももちろんこれを行なっており、ナショナルオーストラリア銀行にて分別管理がされています。

また、オーストラリアで金融ライセンスも取得しており、れっきとした金融業者と言えます。

他の業者はいろいろですが、金融ライセンスを保有しているか、資金の分別管理をしているかまで記載している業者は多くありません。この点でもハイローオーストラリアは安心できます。

以上、ポイントを4つ挙げましたが、バイナリーオプションにこれから挑戦しようという方や、まだハイローオーストラリアを試していないという方にはハイローオーストラリアを強くオススメしたい。
以下にハイローオーストラリアの情報をまとめました。

 

ハイロー(ハイローオーストラリア)

 

30 Second Binary options

 

日本人に圧倒的一番人気。
かつては「ハイローオーストラリア」という名称でしたが、今は単にハイローです。取引方法のハイローと紛らわしくて困るのでこのサイトでは「ハイローオーストラリア」と呼ぶことにしてます。その特徴は・・・

 ペイアウト率が高い

短期取引(ターボ)で80~85%、ハイロー取引では85~90%のペイアウト率が設定されています。
これは他の業者と比べても最高水準なんですが、素晴らしいのは時間帯や通貨ペアによって変動せず常に一定だということです。他の業者は条件により変動するところが多いのです。ユーロドルはペイアウト高いけどドル円は低いとか。

また、スプレッドありの100%ペイアウトも用意されています。
スプレッドとは、現在のレートとの価格差のことです。スプレッドありを選択した場合、エントリー時のレートよりやや不利なポイントからスタートになりますが、その分ペイアウトが優遇されます。

下の画像の小さい赤丸で囲った部分がスプレッドです。その左が現在レート。スプレッドの分だけ不利なところからスタートします。

payout06

上の画像ではスプレッドが0.1になってますね。ハイローオーストラリアは、このスプレッドが他の業者に比べて圧倒的に狭いのです。スプレッドの幅は業者によって異なりますが、ハイローオーストラリア以外の業者はスプレッドが広すぎて勝てる気がしません。ですがハイローオーストラリアのスプレッド幅なら充分に使えるレベルです。
また、30秒や1分などの短期取引でスプレッドありの100%ペイアウトがあるのはおそらくハイローオーストラリアだけです。

 高い約定力と約定拒否システム

まったくズレないと言ってるわけではありません。たまに「なんで?」ってポイントで約定しやがりますが、これはレートに反映されないほどの一瞬の間に値が動いたりしてるから発生する現象だと思われます。
まぁほとんどはクリックとほぼ同時に、クリックしたところで約定しますのでご安心を。

他の業者に比べて圧倒的にズレが少ないのは確かですが、それに加えて特徴的なのが俗にいう「約定拒否」です。
他の業者では、クリックから約定までに値が動くと、その間の最も不利なポイントで約定してくれやがります。このおかげで、「約定しない」ということはありません。
ですが、ハイローオーストラリアでは極端に動いている時は約定しません。「レートが更新されたため約定できませんでした」というメッセージが表示され、注文が弾かれます。これがいわゆる約定拒否です。

yakujou03

この約定拒否を否定的に捉える人もいますが、とんでもない値で約定されるよりは遥かにマシだと管理人は思います。これで助けられることもありますからね。勝ちトレードだった場合はやっぱりイラッとしますが。

なお約定拒否は有利に動いた場合にのみ発生するような気がしますが。まぁそこは諦めるしかないか。

 出金が神速

最後に、出金が本当に早いです。業界最速レベルです。
銀行出金だと、正午までの出金申請なら翌銀行営業日に着金しますから、国内業者と比べても遜色ありません。出金手数料は無料で、着金した時の銀行の手数料もかかりません。当然ながら出金トラブルの報告も皆無です。

また、出金に関して縛りはないのでいつでも自由に出金可能です。
ただし、クレジットカードで入金してほとんどトレードせず出金というのを繰り返してるとポイント狙いとみなされて口座を強制解約されますのでご注意を。

現在、出金方法は銀行出金かクレジットカード出金の二択です。NETELLERは利用不可になりました。なお、クレジットカードの場合MasterCardには出金できませんのでこちらもご注意を。

 まとめ

ということで、ハイローオーストラリアはここで勝てないならどこの業者を使っても勝てないだろうってくらいの超優良業者です。ユーザー数もダントツ(だと思う)で、2ちゃんねるに専用パートスレがあるのはここだけです。

オーストラリアで金融ライセンスを取得しているれっきとした金融業者であり、顧客資金の分別管理(信託保全)もされています。突発的な事故に対応するためロイズ保険組合の損害賠償保険にも入っています。

とりあえずここの口座を持っておけば他の業者のは基本不要です。デモも無料で何度でも利用できますから、デモで練習して本番って流れがいいでしょう。

ハイローオーストラリア公式ページ

 
以上、管理人のオススメ業者でした。
ここで紹介した以外にも、いろんな業者があります。自動取引とか売買サインが出るとか様々な特徴がありますが、「自分で努力せずに勝てるようなツールを業者が用意することはない」ということは覚えておいてください。バイナリーオプションは「ユーザーの利益=業者の損失」ですから当然ですね。

なおこのサイトから口座開設をしていただくと、管理人が喜びます。開設してくださった方には特に何もありません。
まぁ何かご質問等あればメールください。時間がある時に答えられる範囲でお答えします。

 


-初心者講座, 基礎知識編, 業者情報

Copyright© バイナリー2ちゃんねる , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.