バイナリーオプション手法やらの2chまとめなど

バイナリー2ちゃんねる

初心者講座 資金管理編

逆マーチンゲール法【バイナリーオプション】

更新日:

 

逆マーチンゲール法とは

逆マーチンゲール法(以下逆マーチン)は、負けたら投資額を上げていくマーチンゲール法とは逆に、負けたら投資額を下げ、勝てば上げていく投資法です。

マーチンゲール法は前回の記事でも書いた通り、負けたら投資額を倍々で増やしていって、1勝でそれまでの負けをすべてチャラにできます。その一方で、連敗すると投資額がとんでもない勢いで増えていきますので、メンタル的にも資金的にもいつか崩壊する危険性を持っています。

これに対し逆マーチンは、負ける度に投資額を落としていきますので、口座が蒸発する可能性が非常に低くなります。

たとえば、口座残高の10%を毎回投資するとします。10万円からスタートして10連敗した場合どうなるでしょうか。

連敗数 投資額 口座残高
1回 10,000円 90,000円
2回 9,000円 81,000円
3回 8,100円 72,900円
4回 7,290円 65,610円
5回 6,561円 59,049円
6回 5,904円 53,145円
7回 5,314円 47,831円
8回 4,783円 43,048円
9回 4,304円 38,744円
10回 3,874円 34,870円

このように、10連敗しても最初の資金から-65%といったところです。1万円を均等投資していたら全損していますが、逆マーチンでは資金を35%残して生き残れています。
そしてお気付きかもしれませんが、何連敗しても口座残高はゼロにならないのです。これが逆マーチン最大のメリットです。1回の投資額を「口座残高の〇%」としておけば、ドローダウン時期が来ても残高をすべて失ってゲームオーバーとはなりませんから安心してトレードができます。

まぁ正確には最低投資額がありますのでゼロもあり得ますけどね。ハイローオーストラリアだと最低投資額が1,000円です。
資金10万円から10%投資でスタートして投資額1,000円まで追い込まれたらトレード内容のどこかに深刻な問題がありますので、自分を見つめ直すことをオススメします。

さて最初から負けた場合の話でしたが、勝った場合はどうなるでしょう。先ほどと同じく10万円スタートの10%投資で10連勝したとしましょう。わかりやすくペイアウトは100%とします。

連勝数 投資額 口座残高
1回 10,000円 110,000円
2回 11,000円 121,000円
3回 12,100円 133,100円
4回 13,310円 146,410円
5回 14,641円 161,051円
6回 16,105円 177,156円
7回 17,715円 194,871円
8回 19,487円 214,358円
9回 21,435円 235,793円
10回 23,579円 259,372円

はい。10連勝で資金が約2.6倍になりました。1万円の均等投資だと10連勝で2倍ですから、逆マーチンの方が資金増加率で勝っています。連勝すると投資額がどんどん上がっていきますから、資金の増加スピードも勝つごとに増していくんですね。

このように、連勝の時は資金の増加スピードを加速させ、連敗の時は資金の減少スピードを遅させてくれるのが逆マーチンです。

 

逆マーチンの弱点

そんないいことづくめのような逆マーチンですが、弱点もあります。

それは、勝ったり負けたりしているとジリジリ資金が減っていくということです。
先ほど10連敗した場合のシミュレーションをしましたが、その後に10連勝するとどうなるでしょうか?元の10万円に戻るかと思いきや、実はペイアウト率100%でも9万円程度にしかなりません。

まぁ当り前の話で、

1回負けると10×0.9=9
次に1回勝っても9×1.1=9.9

逆に

先に1回勝った場合も10×1.1=11
次に1回負けると11×0.9=9.9

ですよね。つまり、勝率50%ではジワジワ減っていくということです。ですから、逆マーチンを利用する場合はスプレッドありで勝率50%を超えていなければなりません。

スプありで勝率50%以上あれば逆マーチンなんてやらんでも均等額の投資で勝てるやないか!と思うかもしれませんが、逆マーチンの利点は「非常に死ににくい」という点です。連勝できない場合に均等投資よりもパフォーマンスが低下するのは、その安心料を払っていると考えてはいかがでしょうか。

 

まとめ

相場で最も重要なのは、何よりも「生き残ること」だと思います。個人投資家は「攻撃は得意だけど防御が紙」であることが多いそうです。利益を出そうと勇敢に突っ込んでいくけどガードのことはあまり考えてない方が多いと。とりあえず突っ込んどけばなんとかなるやろ的な思考です。やがて死ぬのは明白ですね。昔の管理人のようです。

確かに均等投資に比べて逆マーチンは利益が低下しますが、「大連敗しても全損はしない」という安心感はメンタルに良い影響を与えると思うのです。ですので、管理人もこの逆マーチンの考え方を資金管理に採用しています。

参考までに管理人の資金管理法を書いておきますと、月の初めの資金の10%をその月の1回あたりの投資額にする、というやり方にしています。
例えば、月初に10万円あればその月は1万円の均等投資、利益の一部を月末に出金して、翌月初めに15万円あれば今度は15,000円の均等投資という感じです。月間で負け越したら、次の月は投資額を落とします。逆マーチンと均等投資のミックスですね。ルールを守れば月間では負けないという自信があるのと、荒れたトレードをしたらすぐ死ねるので常に緊張感を持てることから、このやり方にしました。参考になれば。

では次回は資金管理編の最後として、入金と出金について書いてみようと思います。ではでは。


-初心者講座, 資金管理編

Copyright© バイナリー2ちゃんねる , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.