バイナリーオプション手法やらの2chまとめなど

バイナリー2ちゃんねる

初心者講座 基礎知識編

海外業者にお金を預けて大丈夫なの?【バイナリーオプション】

更新日:

 

海外のバイナリーオプション業者を利用する際に最も気になるポイントの1つが、入金したお金は安全なのかという点です。

  • 入金したお金をきちんと出金できるのか
  • 業者が潰れたらどうなるのか
  • お金を持ち逃げされないか

このあたりが皆さん共通で不安に感じるところではないでしょうか。

 

ちゃんと出金できるのか

まず出金に関する不安ですが、勝っていても負けていても自分の口座のお金は自由に出せないと困りますよね。

バイナリーオプションの出金に関する問題を検索すると、いろいろな話が出てきますが、そのほとんどが「出金に条件がついていることを知らずに入金した」というものです。

代表的なのが、ボーナスを受け取って出金に条件がついたが、それを知らずに出金申請して拒否されるケースです。最近はこういうの減ってるんですけどね。

ボーナスとは

海外業者の中には、入金に対してボーナスというものを付けている業者が少なからず存在します。
ボーナスとは、入金額の50%とか100%相当を口座残高に加算してくれるものです。つまり入金しただけで口座残高が1.5倍やら2倍やらになっちゃうわけです。
すげー!即出金だ!とかつての管理人は考えましたが、そうは問屋が卸しません。当り前ですが、トレードもしないでボーナス額まで出金されたら業者は倒産待ったなしです。ですから、既定の取引量を満たすまではビタ一文出金させてくれないのです。最近は条件達成前でも出金に応じる業者も出てきてますけどね。

まともな業者であれば、出金条件も含めボーナスの概要は説明しますし、それを受け取るかどうかの選択権はユーザーに委ねています。
一方でウンコ業者は入金者全員に強制的にボーナスを付与し、出金制限を掛けます。しかもそのことを入金するまで教えないか、ひじょーーーにわかりづらく表記しているのです。
そういう業者に入金してしまった人が、「聞いてねー!」「金返せ!」「バイナリーオプションは詐欺!」となってしまうわけです。まぁこういう業者は詐欺に近いと言えます。

なお出金に必要な既定の取引量というのは、だいたいボーナス額の数十倍です。
たとえば、

  • 入金額に対して100%のボーナス
  • 出金条件はボーナスの30倍の取引

という条件の場合、10万円入金したら10万円のボーナスがつきますが、300万円分の取引をしないと出金できないよーといった感じです。

また、業者にもよりますが既定の取引量に達してもボーナス分は出金できない業者もいます。
出金できるのは入金分+利益分のみで、ボーナス分は残高にあるだけで出金不可ということもありますので、ちゃんと規約や条件を確認してから入金しましょう。

ボーナスは受け取るべきか

結論から言いますと「初心者は受け取らない方がいい」です。

初心者さんであればおそらく出金条件を満たす前に残高は消滅するでしょう。それに、ボーナスが付与されると所持金が多くなったように見えます。そうすると気が大きくなって許容リスクを超えた高額トレードをしがちです。ですから、まずはボーナスを受け取らずにトレードを始めることをオススメします。

もし受け取るのであれば、入金する前に出金条件などをしっかり確認しましょう。出金条件を満たしているのに出金を拒否されたという話は聞いたことがありませんから、出金に関してはまずその条件をしっかり確認していればトラブルにはならないでしょう。
先ほどもチラッと書きましたが、最近は条件未達でも出金可能な業者もあります。まぁその場合も「残高-ボーナス分」が出金可能額なので、10万円入れて10万円ボーナスをもらったとして、5万円負けた状態で出金しようとすると口座残高は15万円あっても出金できるのは5万円だけです。つまり先に消費されるのはボーナス分ではなく入金分です。ここもトラブルになりやすいところですので、充分に確認して入金しましょう。

なお、海外業者は国内業者と違って出金に時間がかかります。海外から送金されるので、国内より時間がかかるのは当然と言えます。出金を申し込んでから1週間くらいはかかると思っておきましょう。

ボーナスとキャッシュバック

ボーナスの他に、キャッシュバックという制度もあります。

ボーナスとキャッシュバックの違いは、

  • キャッシュバック分が残高に反映されるのは条件達成後
  • 条件達成前でも入金分や利益分に出金制限はない
  • 条件を達成すればキャッシュバック分も当然出金できる

という点です。この条件であればやらない手はないです。何のデメリットもないので。

cbhl

cby

↑ハイローとワイバイナリーで管理人が受け取ったキャッシュバック

管理人がオススメしているハイローとワイバイナリーでは、どちらもこのキャッシュバック制度が用意されています。もちろん出金も管理人は何度もやってますので大丈夫だと思ってます。
ボーナスもキャッシュバックも業者により条件が違いますので、必ず事前に確認してくださいね。

 

業者が倒産したり逃げたりしたらどうなるのか

次に、業者が潰れた場合やお金を持ち逃げされた場合にどうなるのかという点です。

結論から言いますと、どうにもならないと思っておいた方がいいです。
そんなこと言ったら怖くてできないと思うかもしれませんが、相手は海外業者です。万が一のことがあれば、英語等現地の言語能力が必要になるでしょう。業者の本店所在地に行く必要もあるかもしれません。管理人はそんなことたぶんできません。ですから、最初から万が一のことも想定して入金額を諦めのつく範囲にとどめておくのが賢明です。

とは言え、一応業者の方でもそういう場合の対策はしていると謳っています。もちろん業者によりますが。
対応策として代表的なものが、資金の分別管理です。

資金の分別管理(信託保全)

資金の分別管理とは、顧客の資金を業者の資金とは別にして信託銀行など第三者機関に預けて管理する事です。単に社内で別金庫に分けておくだけでも分別管理と言えますが、それだと第三者の目がないので使い込んでいてもユーザーには分かりませんから危険極まりないです。これに対し、資金を他の金融機関に預けてくれると安心できますね。ることを信託保全と言います。万が一業者や預け入れ先の銀行等が倒産したりしても、債権者(借金を取り立てる側のことです)は信託財産を差し押さえることはできませんから、顧客の資金は全額守られるわけです。

管理人オススメNo.1のハイローオーストラリアでは、ナショナルオーストラリア銀行に分別管理を行っています。こちらの銀行では主な業務として信託も行っていますから、ハイローオーストラリアは信託保全をしていると言えます。万が一ハイローが倒産した時にはここから預入資金の返還がなされるわけですね。

nab01

ナショナルオーストラリア銀行HP

この資金の分別管理、特に信託保全を行っているかどうかは業者選びのポイントの1つとなります。

過度な期待はしない

とは言えやはり海外業者ですから、トラブルがあれば海外の弁護士や裁判所とのやり取りが必要になることも大いに考えられます。

そのあたりに自信があるのであれば問題ないですが、ほとんどの人はどうしたらいいか分からないと思います。管理人も分かりません。

ですから、先ほども書きましたが入金するのは万が一の時は諦めのつく金額だけにしましょう。

ちなみに過去に日本から撤退したバイナリー業者「Binary.com(Bet On Markets)」は、撤退前に利用者全員に撤退を告げ、口座残高はすべて返金しています。だからって他の業者も同じ対応をしてくれるかは分かりませんが、参考までに。

次回は実際の出金について書いてみます。ではでは。


-初心者講座, 基礎知識編

Copyright© バイナリー2ちゃんねる , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.