初心者講座 資金管理編

入金と出金で口座残高をコントロールする【バイナリーオプション】

更新日:

 

資金管理の目的は生き残ること

 

資金管理の目的は「生き残ること」だというのは何度か書いてきました。では生き残るというのはどういうことでしょうか?

 

これは管理人の解釈ですが、バイナリーオプションにおいては「資金が底をつく前に安定して勝てるようになること」ということかなと思います。

バイナリーオプションそのものがなくなる日(そんな日が来るかわかりませんが)の時点でプラスになっているという考え方もできますが、その後で例えばFXに移行して負けてたらしょうがないですよね。

バイナリーオプションで安定して勝てる実力がついていれば、その後FXなり何なりに移行しても勝てるトレーダーになってるんじゃないかと思うのです。バイナリーとFXで手法は違っても勝てるトレーダーとしての思考を身に付けていれば勝つ方法を見つけられると思いますし。ですから、勝てるトレーダーになることが生き残ることだと思います。

 

ただ、勝てるようになったのに資金が底をついてしまってはせっかく身に付いた実力も宝の持ち腐れになってしまいます。まぁバイナリーオプションは少額からでもできるのでバイトでもして稼いで来ればいいわけですが。

でもできればそんなことしたくないですよね。管理人はしたくありません。家でまったりお茶でも飲みながらガッツリ稼ぎたいのです。

 

そのために重要なのが資金管理です。

実力がつくまでには絶対的に実戦経験が必要です。ですが最初から資金をすべてブッ込んでいるとあっという間に資金を失い、経験を積む間もなく退場になりかねません。そうならないように、資金管理を考えるのです。

資金管理では、1回あたりの投資額をいくらにするか(管理人の投資額の決め方は逆マーチンの記事で)というのも大事ですが、口座残高をコントロールすることも同じくらい重要です。今回は口座残高のコントロールについて書いていきます。

 

口座残高をコントロールし、1回あたりの投資額もそれに合わせて変えていきます。「1回の投資額は残高の1%」としていれば、投資額は残高によって変化することになりますよね。この記事はそのように投資額を決めていくという前提で書きます。

投資額をコントロールするために、まず口座残高をコントロールし、ひいては自分をコントロールするわけです。給料の中から自由に使える金額を最初に決めちゃうような感じです。

 

口座残高が多すぎると気が大きくなりがちで、投資額が大きくなりすぎたり、甘いトレードをしたりしやすくなります。

反対に残高が少なすぎても「まぁこれくらいいいか」とこれまた甘いトレードをしがちです。

まぁこのあたりは性格によるところもあるので、管理人がそうだってだけですが。

 

毎回緊張感を持ってトレードできて、かつ負けても問題ない程度の投資額になるように口座残高をコントロールするのが理想です。

 

 

適切な口座残高とは

 

では多すぎず少なすぎない適切な口座残高とはいくらくらいでしょうか?

それは、投資ルールや性格や資金量によって変わってくるので一概には言えません。

ですがそんな一言で終ってはなんの参考にもならないので、ちょっと詳しく書いてみます。

 

 

口座残高は資金のごく一部にする

 

正直な話、おそらくほとんどの人が本当に勝てるようになるまでには何度となく口座残高をふっ飛ばします。

スポーツでもなんでもそうですが、いきなり上手くやれる人なんていませんので。バイナリーオプションの場合は運が良ければ知識とかなくても短期的には勝っちゃったりもするんですが、長期的には絶対に勝てません。

 

負けても今度こそはとまた入金し、やっぱり負ける。

でもなぜ負けるのか考えていくうちに次第に上達してきて、残高をキープできるようになる。これはいけるかもと思った矢先にまた残高が消滅する。これを何度か繰り返していると悟り(笑)を開いてあまり負けなくなる。

 

勝てるようになるまではこんな流れかなと思います。管理人はこの状態になるまでに2年以上かかりました。それでもたまに乱れるので油断はできませんが。

 

そういう状態になるまでの期間や残高をふっ飛ばす回数は人それぞれですが、とりあえず余剰資金の20%をバイナリーオプションの予算として、それをさらに20分割して1回溶かしたら次を入金、また溶けたら次を入金、という感じで、20回溶けたらゲームオーバー、バイナリーオプションは諦めるということにしてはどうかなと思います。

毎回真剣にやっていれば、20回溶かすまでには勝てるようになりそうな気がしますので。

 

ただ、管理人の場合は余剰資金をすべて失い、負けたらアカンところまで負けて、手を付けたらアカン所にまで手を付けてなお負けて人生終る一歩手前のところで覚醒し今に至る感じです。

もし余剰資金内の負けだったら、真剣さが今とは違ったかも・・・とは思います。ですから致命傷を負うのも実力をつけるための1つの方法かもしれません。

でもせっかくここを読んでくださってる方にはそうなってほしくないので、先ほどのようなルールはどうかなと書いてみました。

 

 

定期的な出金で利益と口座残高をキープ

 

続いて出金について考えていきます。

 

投資額が常に一定な場合

 

投資額を常に一定にしている場合、キリのいいところで出金しておくべきかなと思います。

1日・1週間・1ヵ月といった時間的な区切り、もしくは利益が〇万円になったら・〇回勝ち越したらなど金額や成績での区切りが考えられます。

 

管理人としては時間的な区切りの方がいいかなと思います。金額や成績で区切ろうとすると、あと1回勝てれば〇万円だ・・・!と意気込みすぎて無茶なトレードをする原因になるかなと。まぁ管理人の場合はですけど。

 

またこの場合、出金後の口座残高も一定にすると良いと思います。

出金後は常に同じ金額からスタートするってことですね。安定して勝てる人であれば、利益も安定して積み上がっていくので、バイナリーオプションでの利益が安定的な副収入として見込めるようになると思います。

 

 

投資額が変動する場合

 

続いて投資額が一定ではない場合です。管理人も逆マーチンの要素を取り入れているのでここに含まれます。

この場合、利益に対してどの程度を出金するか自分で決めておく必要があります。

 

管理人の場合ですと、月単位の逆マーチンですので月初の残高が前月初めの残高より多くなると、その月は投資額を上げることにしています。

ですので、前月末に出金しすぎると逆に投資額を下げることになってしまいます。

管理人はだんだんと投資額を上げていきたい人なので、その月の利益全てを出金することはなるべくしたくありません。「月に最低でもこれくらい稼ぎたい」という額だけ出金し、あとは翌月の投資に回す感じです。

 

管理人の場合を書いてみましたが、出金ルールは人によって違うと思います。

どの時点で出金するのか、利益に対してどの程度の金額(または割合)で出金するか、それによってその後の投資計画に影響が出るか、などいろいろ考えて、自分に合ったルールを決めていただければと思います。

 

以上、口座残高の資金管理について書いてみました。資金管理編はこれで終わりです。次回からは勝てるトレーダーになるまでの最後の壁・メンタル編を書いていこうと思います。ではでは。

 

 

初心者講座 目次

 

~全体をざっくり5記事にまとめたもの~

 

~基礎知識編~

 

~手法編~

 

~資金管理編~

 

~メンタル編~

 

おすすめ業者TOP3

ハイロー(ハイローオーストラリア)

30 Second Binary options

ユーザー数ダントツNo.1(たぶん)!!ペイアウト率、スプレッド幅、出金速度、すべてが最強。海外バイナリーオプション口座はハイローだけでOK!30秒・1分・3分・5分・15分・1時間・24時間取引、ペイアウト2倍のTURBO、出金は最短で申請の翌日に振り込まれます。


theoption(ザオプション)

ペイアウト2倍の30秒取引があるのはハイローとtheoptionだけ!同値は引き分けになって投資額が戻ってくる点はハイローより優秀です。キャッシュバックも多め。ハイローより営業時間が長かったりもするのでサブ口座にオススメです!


fxbinary(エフエックスバイナリー)

予約エントリーで判定時間開始と同時に100%エントリー可能!検証結果と実戦成績がブレにくいのが魅力です。ただしペイアウトは1.7倍と低めなので、勝率に自信のある方にオススメです。

-初心者講座, 資金管理編

Copyright© バイナリーちゃんねる , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.