初心者講座 手法編

検証なくして勝利なし【バイナリーオプション】

更新日:

 

勝ちたければ検証!

 

バイナリーオプションで長期的に勝ち続けるためには、手法が絶対的に必要です。手法はどうやって作ればいいの?で、手法の作り方について書いてきました。

では、その作り上げた手法で本当に勝てるのでしょうか?そこが重要ですよね。それを確かめるために「検証」という作業を行います。ここでは、あなたが作った手法に優位性があるか確認するための検証の方法を書いていきます。

 

 

検証って何するの?

 

検証は、あなたが作った手法で勝てるかどうか、つまり優位性があるかどうかを、過去または現在の値動きに当てはめて確認していく作業です。

流れとしては、 過去チャートで検証 → デモトレードで練習・検証 → 実戦しながら検証 といった感じです。

 

その手法に優位性があるかどうかを確認するには、何度も試してみる以外に方法がありません。

ですが現在の値動きがパターンに当てはめようとしてもなかなかそのパターンが来なかったりして効率が悪いので、まずは過去の値動きを追ってできるだけ多くのサンプルを集めます。メンドくせーと思うかもしれませんが、やってみるとけっこう楽しいですよ。

 

もし同じ条件で100回トレードしたとして、勝率60%以下になった時は、優位性があるかはかなり怪しいと言えます。100回程度の検証では数%のブレは普通にありますので。

ですが勝率70%、80%と偏りが出た場合、その手法には優位性がある可能性があります。検証回数は多ければ多いほど信憑性が増しますので、1年分くらいは過去に遡って検証してみることをオススメします。管理人は2~3年分はやりますけどね。

 

 

過去チャートで検証!

 

ということで、まずはMT4で過去のチャートを開き、パターンに当てはまるところを探していきましょう。

MT4は初期状態では1分足や5分足ではデータがなくて1年分も遡れないかもしれませんが、ヒストリーセンターから過去のデータをダウンロードすると何年も前まで遡ることができます(ただし正確さはやや劣ります)。

 

ツール > ヒストリーセンター で下のような画面が出るので、見たい通貨ペアと時間軸(○分足)を選んで「ダウンロード」です。けっこう時間がかかるのでご注意を。

 

 

なお ツール > オプション > チャート で「ヒストリー内の最大バー数」と「チャートの最大バー数」を増やしておくと、より過去のデータまでダウンロードできるようになります。やりすぎると起動時などにMT4が重くなっちゃいますが。思いと感じたら上記の最大バー数を減らしましょう。

 

 

過去検証の重要性

 

この過去チャートで得られるデータは非常に重要で、多くのメリットがあります。

 

まず、そもそもその手法に優位性があるかを現在の値動きに当てはめるまでもなくだいたい掴むことができます。

 

また過去において最大どれくらい負ける期間があるかを知っておくと、実戦で多少連敗しても想定内だと思えるのでメンタルがブレにくくなります。
どんな手法でも一時的に連敗する期間はあるものです。これは「ドローダウン期間」と呼ばれます。ドローダウンを認識しておくことで連敗しても「これは過去にもあったから大丈夫。繰り返していれば自然に取り戻せる」と冷静さを保ちやすくなります。

また、ドローダウンに対する理解は、資金管理の面でも有益です。

想定されるドローダウンに合わせて1回あたりの投資額を決めていけば、自分にとって最適な資金計画が立てられるのです。過去3年で最大連敗数は5連敗だから、その2倍の連敗まで耐えられるようにしよう、とか。

 

そして、膨大な量のチャートを見ることで自然と「チャートを見る力」がついてきます。

よく条件だけ打てば自動でバーッと検証してくれる方法で検証を終わらせる人がいますが、あれはオススメしません。チャートをじっと見て手作業で検証するからこそ見えてくるもの、身につくものがあると管理人自身が感じているからです。

自動検証で終わらせる人とローソク足1本1本を追いかけて「次の足はこうなるのでは?」「どうしてこう動いた?」と考えながら検証する人、どちらが優秀なトレーダーになりそうでしょうか?一見非効率なようですが、地道な作業こそが上達の近道だと管理人は思います。

 

ということで、過去検証のデータは勝つための重要な基盤になります。ここをテキトーにやってるといつまでも勝てるようになれません。真剣にやりましょう。

 

 

イケそうならデモトレード!

 

過去チャートで優位性があるようであれば、次はデモで試してみましょう。デモトレードは、実際にお金を使うことなく実戦に近い環境でできるお試しトレードです。ここで勝てないなら実戦でもまだ勝てないと思われます。

海外業者ハイローオーストラリアでは、登録不要で何度でも使えるデモ口座が用意されています。値動きもリアル口座と同じですので、リアルトレードの前に必ずデモトレードで練習しましょう。

 

デモとは言っても真面目にやりましょう。デモだからってテキトーにやってたら練習になりません。練習をマジメにやらない人が本番で勝てるわけないのです。また、ここでのデータも重要なサンプルです。しっかり残しておきましょう。

 


↑左がデモ、右がリアル。デモ口座には「取引履歴」の項目がありません。

 

なおリアルトレードでは取引履歴が確認できます。履歴はエクセルやPDFデータとして出力できます。

 

 

 

「エクスポート」をクリックでエクセルデータまたはPDFで履歴をダウンロードできます。

 

 

それでもイケそうなら実戦!

 

1か月ほどデモでやってみて勝てるようなら、実戦投入です。まずは少額でトレードし、少しずつ投資額を上げていくのがオススメです。

ですがまだ検証作業は終わったわけではありません。実戦に入ってからも検証作業は続きます。

 

毎回のトレードに対して、なぜ勝てたのか、またはなぜ負けたのか、より勝率を高めるための気付きはないか、など記録を残しておき、後から振り返って手法をさらに磨いていく材料にします。

つまりですね。検証作業に終わりはありません。常に磨き続け、 レベルアップし続ける人が長期的に勝ち続けられるのです。

 

管理人は毎回トレードした時の画像と、その時に見ていたチャートをスクリーンショット(キーボードの「Print Screen」>ペイントに貼り付けて保存)で保存しています。

これと取引履歴は本当にいい検証材料になります。ぜひ保存しておくことをオススメします。

 

優位性がある手法を考え検証する作業は、言うなれば宝探しです。ぜひ楽しんで続けていっていただければと思います。

ということで、今回で手法シリーズは終了です。次回からは、手法を使って利益を最大化するために重要な資金管理編に入っていきます。ではでは。

安定して勝つには資金管理が超重要!

 

 

初心者講座 目次

 

~全体をざっくり5記事にまとめたもの~

 

~基礎知識編~

 

~手法編~

 

~資金管理編~

 

~メンタル編~

 

おすすめ業者TOP3

ハイロー(ハイローオーストラリア)

30 Second Binary options

ユーザー数ダントツNo.1(たぶん)!!ペイアウト率、スプレッド幅、出金速度、すべてが最強。海外バイナリーオプション口座はハイローだけでOK!30秒・1分・3分・5分・15分・1時間・24時間取引、ペイアウト2倍のTURBO、出金は最短で申請の翌日に振り込まれます。


theoption(ザオプション)

ペイアウト2倍の30秒取引があるのはハイローとtheoptionだけ!同値は引き分けになって投資額が戻ってくる点はハイローより優秀です。キャッシュバックも多め。ハイローより営業時間が長かったりもするのでサブ口座にオススメです!


fxbinary(エフエックスバイナリー)

予約エントリーで判定時間開始と同時に100%エントリー可能!検証結果と実戦成績がブレにくいのが魅力です。ただしペイアウトは1.7倍と低めなので、勝率に自信のある方にオススメです。

-初心者講座, 手法編

Copyright© バイナリーちゃんねる , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.