初心者講座 基礎知識編

バイナリーオプションの魅力と注意点【海外BO】

更新日:

 

バイナリーオプションの魅力

 

バイナリーオプションは、10万円以下の少資金トレーダーにとっては最強の資金効率を誇る投資商品です。

他の金融商品では大きく稼ごうと思ったら数百万円の元手が必要だったりしますが、バイナリーオプションならわずか1万円からでもコツコツと勝ちを積み上げていくことで数百万円、数千万円の利益を上げることが可能なのです。

ここでは、バイナリーオプションの魅力と注意点について書いていこうと思います。

 

 

短時間で大きなリターン

 

バイナリーオプション最大の魅力は、1分や30秒といったごく短時間のトレードで投資額が2倍になる資金効率の良さにあります。株やFXをやったことがある方ならわかると思いますが、バイナリー以外の投資ではこんなことはほぼ不可能です。

ポジションを持ったら利益を確定させるまでPCから離れられない・・・ということはありませんから、トレード時間を1日1時間しかとれないという忙しい人でも充分に利益を出すことができます。

 

 

 

少額資金から大きな利益が狙える

 

バイナリーオプションでは数万円程度の少ない軍資金からでも数日で数十万円~100万円以上も狙えるのも大きな魅力です。株では短期間で数万円から数十万円まで増やすのは至難の業というか奇跡レベルですし、FXでもやはり困難です。

ですが、バイナリーオプションでは手法がハマれば爆発的に資金が増加していきます。勝率と資金管理次第では、安定して月利100%以上も目指せます。

 

ただ、投資額に上限があるので、月に稼げるのは200万円~300万円くらいが限度ではないかなと思います。もっと稼いでる人もいそうですけど。

ですので、数万円から徐々に資金を増やしていき、やがて生活できるレベルまで安定して稼げるようになるのも割と現実的です。ただ、それには相応の努力が必要ですけどね。

 

 

ボラがあってもなくてもトレードできる

 

バイナリーオプションでは、0.1pipsでも予想した方向にレートが進めば勝ちです。ですので、FXでは敬遠されがちなボラ(値幅)のない相場でも充分に勝負できます。逆にボラがある相場でももちろん勝負できますから、相場の状況を選びません。

ですので、忙しい人も自分の好きな時間にトレードできます。管理人もトレード時間が限られていますから、トレードしようと思った時にボラがないってことはよくあります。それでもトレードできるのはありがたいです。

 

 

利確や損切りに悩まされない

 

株やFXでは、ポジションを持ったらどこで利益または損失を確定させるか考えると思います。これはエントリーの判断と同じくらい難しいと思いますが、バイナリーオプションではこの部分を考える必要がありません。

ですので、FXで勝率は高いんだけど利確・損切りが苦手って人には向いてるんじゃないかなと思います。

 

ただ、バイナリーオプションには株やFXにはない要素があります。それは「判定時間」です。予想した方向に動くまで待っていられる株・FXに対して、バイナリーオプションは判定時間までに動いてくれないと負けになってしまいます。

FXで通用する手法でも、バイナリーオプションでは通用しないことが大いにあり得ますから、しっかりと研究して臨む必要があります。

 

 

大きく予想をはずしても損失は常に一定

 

バイナリーオプションは相場の方向に投資する金融商品です。

ですから、僅差で負けた場合も恐ろしいほど逆行した場合も、どちらも同じただの1敗に過ぎず、その損失は次のエントリーで0.1pipsでも予想通りになれば取り戻せるのです。

 

なのでバイナリーオプションは突発的に起こる予想外の出来事(こういうのを「ブラックスワン」と言います)に強いんですね。

例えば、2015年にスイスフランが歴史的な大暴落をしたことがありました。大儲けした人もいれば一撃で口座残高が蒸発し借金まで抱えてしまった人もいます。

また2011年の東日本大震災の際、それまで安全資産とみなされていた東京電力は凄まじい大暴落を起こしました。長期目線のホルダーが多かったでしょうから、そのダメージは恐ろしいものがあります。

 

相場の世界ではこうしたブラックスワンを完全に避ける方法はありません。ですから、株やFXは資金管理次第では何年もコツコツやってきた利益がある日突然吹き飛んでしまうこともあるのです。

ですが、バイナリーオプションではそれでもただの1敗に過ぎません。歴史的な大暴落の直撃をくらっても、それは普段の1敗と何ら変わらないのです。

 

 

経済の知識がなくても問題ない

 

株やFXでは、投資をしていく上で経済の知識がある程度必要になります。

株で言うなら会社の財務状態や決算内容、今投資家はどういう点に注目しているか、FXなら日本の金融政策だけでなくアメリカなど外国の経済についても勉強していかないといけないのです。正直、管理人のオツムでは理解不能なことばかりです。

 

 

ですが、バイナリーオプションではこうした知識はほぼ不要です。ごく短時間の方向性に投資するだけですから、今のアメリカがどうだとか割とどうでもいいのです。

必要があるとすれば、自分のトレード時間内に経済指標があるどうかというくらいです。特にアメリカの雇用統計やFOMCでは、非常に大きな動きで短い時間軸でのテクニカル分析は無視してきますので、ギャンブルトレードになりやすいです。こういう時のトレードは避けた方がいいでしょう。

 

 

バイナリーオプションの注意点

 

ここまではバイナリーオプションの魅力を書いてきましたが、注意点も書いてみようと思います。

 

高額で連打して負けるとあっという間に死ねる

 

バイナリーオプションは所詮上か下かの2択なので、テキトーにやっても勝てる時はけっこう勝てます。

しかしそれだけに気軽にエントリーしがちですので、軽い気持ちでポチポチやってると気付けばかなり負けてたなんてことがよくあります。

特にやばいのが連打です。口座残高に対して多めの投資額のまま連打しちゃうと、負けた時に一気に資金が減ります。

 

管理人の場合、予想と逆行した時に最初のポジションと相殺しようと追いかけて連打をやっちゃいがちですので、皆さまも逆行した時なんかはお気を付けください。どんなに上達しても負ける時は負けますので。熱くなったら死ねます。

 

 

熱くなって我を失いやすい

 

ギリ負けとかチャンスを逃した時に陥りやすいのですが、思い通りにいかない時は冷静さを失いやすいです。これはバイナリーオプションじゃなくてもありますけどね。

上で書いたような連打負けから冷静さを失って全額投資して負けて口座蒸発ってパターンは非常によくあります。

 

バイナリーオプションは増えるのが早い分、熱くなって負け始めると資金の減少スピードも非常に早いです。そのスピードは株やFXの比ではありません。とにかく冷静に、落ち着いてトレードしましょう。

 

 

きちんとした手法がないとやがて必ず負ける

 

どの金融商品でも同じですが、手法を確立していないと長期的には必ず負けます。

株やFXには手数料やらスプレッドやらがあり、バイナリーオプションの場合はペイアウト率が100%ではないからです(100%の場合はスプレッドがある)。

 

1分後の為替が上下どちらに動くかなんて、正直なところ誰にもわかりません。その確率は基本的に50%です。

そこにテキトーに参加するのは、ペイアウト率が80%とすれば、サイコロで奇数が出たら800円もらえて偶数が出たら1000円失うゲームをしているのと同じです。繰り返していれば必ず負けていくのがおわかり頂けると思います。

 

ですが、一時的に確率が50%でなくなる時があります。そこに投資していくのがバイナリーオプションで勝っていくための唯一の方法です。

ではどうやって確率が変動している時を見つけるのか、また、バイナリーオプションで勝ち続けるためにはどうしたらいいのか、といったところはまた次回。

バイナリーオプションってなんなの?

 

 

初心者講座 目次

 

~全体をざっくり5記事にまとめたもの~

 

~基礎知識編~

 

~手法編~

 

~資金管理編~

 

~メンタル編~

 

おすすめ業者TOP3

ハイロー(ハイローオーストラリア)

30 Second Binary options

ユーザー数ダントツNo.1(たぶん)!!ペイアウト率、スプレッド幅、出金速度、すべてが最強。海外バイナリーオプション口座はハイローだけでOK!30秒・1分・3分・5分・15分・1時間・24時間取引、ペイアウト2倍のTURBO、出金は最短で申請の翌日に振り込まれます。


theoption(ザオプション)

ペイアウト2倍の30秒取引があるのはハイローとtheoptionだけ!同値は引き分けになって投資額が戻ってくる点はハイローより優秀です。キャッシュバックも多め。ハイローより営業時間が長かったりもするのでサブ口座にオススメです!


fxbinary(エフエックスバイナリー)

予約エントリーで判定時間開始と同時に100%エントリー可能!検証結果と実戦成績がブレにくいのが魅力です。ただしペイアウトは1.7倍と低めなので、勝率に自信のある方にオススメです。

-初心者講座, 基礎知識編

Copyright© バイナリーちゃんねる , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.