初心者講座 基礎知識編

海外バイナリーオプションは法的にどうなの?

更新日:

 

前回の記事で、国内業者と海外業者とではバイナリーオプションの内容にどのような違いがあるかを書きました。

管理人は国内のFXもどきみたいなバイナリーが性に合わないので海外の業者を利用しているわけですが、海外の業者を利用するのはちょっと不安ではないでしょうか?

管理人はかなり不安でした。だってお金を持ち逃げされたらお手上げですからね。日本に拠点もない、どこの馬の骨ともわからん連中に大切なお金を預けるのはそりゃ不安ですよ。英語とか知らんし。

 

 

金融庁が海外業者利用に注意喚起

 

実はこのあたりは金融庁から注意喚起がされてます。トラブってもどうにもならんよーと。
http://www.fsa.go.jp/ordinary/kanyu/20090731.html

 

こんなの見ると不安になりますが、これは逆に海外のモノでもバイナリーオプション自体は法的に問題ないことを示していると管理人は考えています。

なんでかと言いますと、上のリンクで「無登録業者は違法」と言ってる一方で、ユーザーには「トラブルになると大変だから取引しないで」と言ってるだけです。もし海外バイナリーオプション自体が違法で、利用するとユーザーも罪に問われるのなら、「トラブルになると大変だよー」ではなく、「利用すること自体が違法です」と書きますよね普通。

 

このことは、「業者」と「バイナリーオプションという金融商品」を分けて考えると理解しやすいかなと思います。

バイナリーオプションを始めとする金融商品を扱って日本国内で営業活動をするには、金融庁への登録が必要であると日本の法律では定められています。ですので、「登録なしに日本で営業活動をする業者は違法業者」と言えるわけです。

一方、「バイナリーオプションという商品が違法である」とする法律はありません。たとえそれが違法な海外業者が提供するものであってもです。また、客側が違法業者を利用することを禁ずる法律もありません。

 

ですから、金融庁に登録せずに営業している「業者」は違法とみなされて処罰されることはありえますが、「ユーザー」がそうした違法業者を利用したとしても現在の法律では処罰されることはありえないのです。

 

 

海外業者が金融庁に登録しないのはなぜ?

 

では海外業者はなぜ金融庁に登録しないのでしょうか。やつらはアウトローな荒くれ集団なのでしょうか。

もちろんそんなヒャッハーな連中ということではなく、実は海外タイプのバイナリーオプションでは登録の許可が下りないからです。

 

かつて、GMOクリック証券さんをはじめとする国内業者も、実は今でいう海外タイプのバイナリーオプションを提供していました。

 

gmo03

↑かつてのGMOクリック証券さんのバイナリーオプション

 

しかし、賭博性が高いとお役人から指摘され、2013年に国内業者たちはお役人と相談しながら「自主規制」をして現在のマイルドな国内バイナリーオプションの形を作り上げたのです。

そしてこの規制に適合しない商品を扱う業者は金融庁に登録できなくなり、国内バイナリーオプションに魅力を感じない多くのトレーダーが海外業者に流れたのでした。めでたしめでたし。

 

個人的にはそのままにしておけば海外業者を利用する人なんてほとんどいなかったと思うんですけどね。このあたりさすがお役人といった印象。

 

そんなこんなでバイナリーオプショントレーダーは自主規制とは無関係な海外業者に流れ、以前から海外業者でよくあったボーナス出金縛りをくらった規約も読まない&調べもしない低レベルなトレーダーが消費者センターに苦情を入れたおかげで海外バイナリーオプションは危ない!みたいな話になっていきました。

特に2ちゃんねる(現在は「5ちゃんねる」)のまとめサイトを利用したゴミ業者によって一気に悪評が広まった感があります。

 

まぁそんなわけで、国内業者は自主規制に沿った商品を提供し、海外業者はそんな日本の規制に従う必要もないので従来のシンプルなバイナリーオプションを提供しているわけです。

この規制はあくまで「自主規制」ですから、「バイナリーオプションは国内タイプじゃないと違法」とされているわけではなく、海外タイプのバイナリーオプション自体にはまったく違法性はありません。

海外タイプを扱う業者は金融庁に登録できない。無登録で日本で営業するのは違法。だからどうしても海外業者は違法とみなされてしまう。ということです。

 

 

結局、海外業者は違法なの?

 

海外業者が金融庁に登録しない理由はわかりました。では彼らは「おれたちは違法業者だぜ!」と自覚してる無法者なのでしょうか。海外業者の見解はこうです。

「日本で営業しているつもりはない。日本国外にいる日本人のために日本語でサービスを提供しているだけだ。そこに勝手に日本在住の日本人が来て利用しているに過ぎない。」

 

というわけで、日本で営業してるつもりはないから何ら文句を言われる筋合いはないというのが業者の言い分です。

 

金融庁「お前らは無登録だ!違法だぞ!」

海外業者「おたくんとこの国民が勝手にうちらのサービスを利用してるだけじゃん。なんでおたくの国の自主規制なんかに従わなきゃいけないの?」

こんな感じです。これの是非はご自分で判断してください。

 

中には悪質な業者もいますが、きちんと金融ライセンスをとって顧客のお金にも安全策を講じている業者もいます。そういったところを見極めた上で、万一のことがあっても諦めがつく金額で利用していれば問題ないと思いましたので、管理人は金融庁からの注意喚起をありがたく受け止めつつ勝手に海外業者を利用してます。あくまで自己責任で。

海外バイナリーオプション自体に違法性はないことがわかったところで、次回は「海外業者にお金を預けて大丈夫なのか・海外業者で考えられるお金のトラブル」について書いてみようと思います。ではでは。

海外バイナリー業者にお金を預けて大丈夫なの?

 

 

初心者講座 目次

 

~全体をざっくり5記事にまとめたもの~

 

~基礎知識編~

 

~手法編~

 

~資金管理編~

 

~メンタル編~

 

おすすめ業者TOP3

ハイロー(ハイローオーストラリア)

30 Second Binary options

ユーザー数ダントツNo.1(たぶん)!!ペイアウト率、スプレッド幅、出金速度、すべてが最強。海外バイナリーオプション口座はハイローだけでOK!30秒・1分・3分・5分・15分・1時間・24時間取引、ペイアウト2倍のTURBO、出金は最短で申請の翌日に振り込まれます。


theoption(ザオプション)

ペイアウト2倍の30秒取引があるのはハイローとtheoptionだけ!同値は引き分けになって投資額が戻ってくる点はハイローより優秀です。キャッシュバックも多め。ハイローより営業時間が長かったりもするのでサブ口座にオススメです!


fxbinary(エフエックスバイナリー)

予約エントリーで判定時間開始と同時に100%エントリー可能!検証結果と実戦成績がブレにくいのが魅力です。ただしペイアウトは1.7倍と低めなので、勝率に自信のある方にオススメです。

-初心者講座, 基礎知識編

Copyright© バイナリーちゃんねる , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.